about Dog Food

ドッグフードのあれこれ、教えます!

年齢によってドッグフードをかえる

ドッグフードは犬に必要な栄養素を含んでいるので大変有意義な食事ですが、注意するべきポイントがいくつかあります。
それは犬の年齢に応じてえさを変えていくことです。
若い犬は成長のために高たんぱく質の食べ物が必要になってきます。
逆に老犬はそんなに高たんぱくの食べ物が必要ないので、ヘルシーなものを食べさせるようにします。
他にも高齢になれば不足してくる栄養素もありますからそういったものが含まれている場合もあります。
犬の年齢がこのくらいになればという感じで記載されていますが、その年齢になったらすぐに切りかえる必要はありません。
あくまでも犬の様子をみながら段階的に変えていけばいいのです。
全対応のえさもありますから基本的にこういうものを利用していけば失敗はありません。
もし犬が太りすぎていたり病気になったりした場合に、低カロリーのものに変更するなどの工夫をしていけば問題ありません。
犬の健康をきちんと確認して選んでいくことが大事です。

ドッグフードは年齢に応じて栄養素や硬さが変わっています

ドッグフードは栄養バランスが考えられて作られている為、愛犬の主食やおやつとして利用している人も多いのではないでしょうか。
ドッグフードには対象年齢が書いてありますが、主に小犬用・成犬用・老犬用と3つのタイプに分かれていることが多いです。
なぜみんな一緒ではいけないのか疑問に感じる人もいるのではないでしょうか。
犬にも人間と同じように年齢に合わせて、必要な栄養素や硬さが変わってきます。
まだ子犬の時は食べやすいよう粒は小さく柔らかく作られており、成長に必要な栄養素がたっぷり含まれています。
成犬になれば、噛む力も強くなってくるので、粒も硬くなります。
逆に10歳以上の老犬になってくると、人間と同じように犬も噛む力が弱く、足腰も弱ってきます。
その為粒を柔らかくし、また骨を丈夫に保てるようカルシウムなどの栄養素を豊富に取り入れています。
このように年齢に合わせてドッグフードも変わっています。
その為愛犬の年に応じて適切に選ぶことによって、愛犬が健康に過ごせるよう心掛けるとよいのではないでしょうか。

Favorite

博多の焼肉を検討する

2018/4/19 更新