about Dog Food

ドッグフードのあれこれ、教えます!

ドッグフード缶詰の利用法

ドッグフードはドライタイプのものと缶詰タイプのものと2種類があります。
ドライタイプのドックフードは栄養バランスや栄養価が高く与える量でカロリーをコントロールする事ができます。
ドライタイプのフードはいろいろな原材料を混ぜて乾燥させ粒にしてあります。
缶詰タイプのフードと比較すると安価で保存しやすいというメリットがあります。
缶詰タイプのフードは水分量が多いので老犬や子犬にも食べやすいフードです。
食品の形が残っていたり素材の食感を味わえる事などから食いつきがよく食べやすいフードです。
ドライフードのような保存性がないので開封後はすぐたべきらなければいけないというデメリットがあります。
常食として与えるにはドライタイプの方が栄養バランスや価格、保存性などから適しているフードです。
ウエットタイプのフードはご褒美として与えたり、食欲がすすまないときなどに利用すると便利です。
愛犬の好みや体調に合わせてフードを選ぶのも良い方法です。

ドッグフードの缶詰は定期的に与える事が望ましい

ドッグフードの代表的な食べ物と言えば、スナック菓子の様な物が大半で市販されています。
缶詰の内容よりも、安いのが特徴であり、大きな袋に入れて大量に市販されている事もあります。
犬の脳とは、人の3歳児程度の理解力があると言われ、動物の中でも高度な脳を持ち合わせています。
脳とは、ある一定の同じ刺激を与え続けるよりも、違った刺激を適度に与える事が脳の成長に望ましいとも言われ、同じ内容の食事を与え続けるよりは、違う内容も定期的に与える事が望ましいです。
その中でも、ドッグフードの缶詰は、食感と栄養の違いにより、脳に対して良い影響を与えてくれる可能性が高くあります。
犬も人と同じく、脳の老化によってボケが生じる可能性もあるため、ドッグフードの缶詰は、ボケ予防に対しても効果を期待する事が出来ます。
ただし、連続的に与え続けると、普段与えていた内容を口にしなくなる可能性があるため、一日空けて与えたり、少量に分けて、普段与えている内容と一緒に与える事がポイントになります。

check

医療用かつら 販売

最終更新日:2018/7/6