about Dog Food

ドッグフードのあれこれ、教えます!

ドッグフードできちんと愛犬の栄養管理を!

可愛い可愛いわんちゃん、愛犬。
愛犬のごはん、皆さんどうしてますか?飼い主である家族が食べるものの材料を少し変えてあげたり、人間と同じように健康を考えて、と野菜を蒸したり湯がいたりしてあげている人もいるかと思います。
それが悪いというわけではないのですが、果たして人間の私たちとわんちゃんに必要な栄養って同じなのでしょうか。
そこでおすすめなのが、ハーフ&ハーフです。
ドッグフードには、やはりしっかりとわんちゃんに必要な栄養が入っています。
また、わんちゃんの好むものをちゃんと含んでくれています。
そのドッグフードを半分入れたお皿に、蒸し野菜などを少し入れてあげてはいかがでしょうか。
野菜ばかりだと、わんちゃんが貧血になってしまうこともあります。
体重が増えすぎたと言ってキャベツやニンジンばかりあげていたら中毒になってしまい、血を抜いたら緑がかっていた、なんて恐ろしい話もあります。
また、ネギなどわんちゃんにとって毒になるものもありますので気を付けてあげてくださいね。

そのドッグフード、犬に合った栄養が入っていますか?

最近では、スーパーやホームセンターでもさまざまな種類のドッグフードが買えるようになってきました。
少し前までは動物病院でしか買えなかったものでも、売り場の広い店なら置いてある所もあります。
でも、種類が増えて選択の幅が広がった一方で、自分の愛犬に何を選んであげれば良いのか分からない方も多いでしょう。
犬種で選ぶのか、年齢で選ぶのか、それとも犬の好みに合わせてあげるのが良いのか、初めて犬を飼う人にはかなりレベルの高い選択です。
犬種や年齢で選ぶドッグフードは、体の弱い部分を補ったり、脂肪を抑えたりとそれぞれの犬に必要な栄養を考えて作られています。
そのため、決められた量を与えていれば、健康的な食生活を維持できます。
ただし、病中病後の食事には向かないこともあるので、必ず獣医師に相談しましょう。
犬の中には、人のように好みにうるさい子もいます。
どうしても食べてくれないときは、お気に入りの食べ物を混ぜて徐々に慣れさせていきましょう。

pickup

お風呂リフォームを千葉で依頼

Last update:2018/4/5